都会のコロボックル

北海道の食べ物や郷土料理を中心に旅行や地元ネタなどいろいろ

石狩鍋のレシピ<北海道の郷土料理>

      2018/08/02

最近寒くなってきましたね。
週末の夕方、家族でスーパーにお買い物に行ったところ・・・アラ大発見!!

スポンサーリンク

じゃーん!!北海道の郷土料理に欠かせない鮭のアラ

ishikarinabe1

鮭のアラこれを見つけてしまうと、もうだめ。
我々道産子夫婦はとたんに色めき立ちます。笑
それも、夕方の早い時期なのに、これだけ既に半額シールが貼らさってる・・・

道産子にとって、鮭は小さい頃から馴染み深い魚です。三平汁やちゃんちゃん焼き・・・北海道の郷土料理を作るのにもよく使われます。
その鮭の部位の中でも、アラの部分は切り身よりも脂が多いというか、旨みがガツンとくるので料理に使うと美味しく仕上がります。

冬が近づいてきたので、今回は石狩鍋にしていただきました
石狩鍋とは、北海道 石狩地方の郷土料理で鮭がメインの味噌味のお鍋です。作り方も簡単で、我が家の人気の一品です。

コロボックル夫
今日の夕食は石狩鍋!!

 

石狩鍋のレシピ<北海道の郷土料理>

ishikarinabe2

材料(2人分)

  • 鮭のアラ         200グラム
  • 白菜            1/8株
  • じゃがいも         中2個
  • にんじん          1/3本
  • たまねぎ(又は長ねぎ)   1/2個
  • 大根            1/4本
  • きのこ類          適量
  • 豆腐            1/2丁
  • バター           大さじ2
  • 昆布            10グラム
  • 水             3カップ
  • 味噌            50〜60グラム
  • 酒粕            50〜60グラム
  • 酒             大さじ2
  • みりん           大さじ1

作り方

  1. 鍋に水と昆布を入れて、つけ置きする。
  2. 鮭は一口大に切り塩を振ってすこしおき、ザルに入れて熱湯をかけまわし下処理をする。
  3. 野菜を適当な大きさに切る。じゃがいもは茹でて半分に切る。
  4. 昆布出汁をつくる。出汁がとれたら酒、みりん、味噌を入れる。このとき、味噌は味をみながら入れてしょっぱくならないように量を調整する。
  5. 鍋を火にかけて温まってきたら酒粕を溶いて入れる。これも味を見ながら量を調整する。
  6. 鍋が煮立ってきたら白菜の茎、にんじん、たまねぎ、大根などの堅い野菜と鮭を入れて5分ほど煮る。
  7. 6.でいれた具に火が通ったら、バターを入れる。じゃがいももこのタイミングで入れる。
  8. 残りの野菜を適宜入れ、火が通ったら完成!!

 

石狩鍋の作り方のポイント

酒粕をいれることで石狩鍋の味がしまる!

やっぱり、酒粕を入れると味にぐっと深みが増します
鮭のあらの旨みと、お味噌の味を酒粕がうまくまとめてくれます。
お味噌と酒粕は同じくらいの量を入れるのが我が家の味ですが、それぞれ味見をしながら量を調節したほうが良いと思います。ここだけ慎重に作ってください

必ず鮭は下処理をしましょう

鮭のアラを使う場合は下処理をしなければお料理が台無しになります。笑
鮭のアラはウロコの食感が嫌だと思う人もいると思うので、下処理のときに取り除いたりすると良いでしょう。

他には・・・

  • じゃがいもは煮崩れるのが嫌なので、別に茹でて(レンジで蒸してもOK)後で入れています。
  • 白菜の代わりにキャベツを入れるのが本場のやり方だそうです。
  • お鍋の具は鮭以外はその時に旬な野菜を適当に用意すればいいと思います。個人的には、じゃがいもが石狩鍋に合うと思うのでよく入れます。
  • 最後にバターを入れるのを忘れない

 

石狩鍋のしめはラーメンで

ishikarinabe3

石狩鍋のしめはそれぞれの家庭で色々あると思いますが、我が家はラーメン!
ラーメンの麺は、東京でも手に入りやすい札幌生ラーメンを使います。
お湯で茹でたあと流水でぬめりを落し、石狩鍋で少し煮てから食べます美味しい

東京や内地でも石狩鍋がメニューにあるお店もありますが、石狩鍋は作り方も簡単なのでぜひ自宅で作ってみてください

スポンサーリンク

 - 食べる