都会のコロボックル

北海道の食べ物や郷土料理を中心に旅行や地元ネタなどいろいろ

【利尻島旅行】2日目:自転車で巡る、絶景だらけの利尻島サイクリングロード

      2017/11/21

1日目に続き、2泊3日の利尻島旅行の2日目。
2日目は利尻島のサイクリングロードを自転車でひたすら走りました

スポンサーリンク

日本最北端! 利尻島のサイクリングロード

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

利尻島のサイクリングロードは、「利尻自転車動線」という利尻島を自転車でたっぷり満喫できるサイクリングロードです。
利尻島の北西部を島の形に沿って24.9kmの自転車用の道路が通っています。

あまりこのサイクリングロードを走る人は少ないようで、わたしたちがサイクリングをした時も他に自転車に乗った人には会いませんでした。でも、走らないのはもったいないくらいきれいに整備されているサイクリングロードでした! 山岳地帯や平原、海、利尻富士、ペシ岬など、景色が自転車で進む度に変わってとっても素敵なサイクリングロードでしたよ

利尻島では夏に「利尻島一周ふれあいサイクリング」という、サイクリングロードを含めた利尻島を自転車で一周するイベントを開催しています。こちらは全国から結構なエントリーがあるイベントです。

7:00 花りしりを出発

7時に宿の利尻山荘 花りしりで朝食。朝食もしっかりしたメニューでテンションがあがります 朝食が美味しいとスタートの良い一日になりますよね。

朝、こんな会話がありまして。

花りしりのスタッフさん
今日は何をするの〜?
コロボックル夫
自転車を借りて利尻島を周ろうかなと思っています。
花りしりのスタッフさん
だったら、宿の自転車を使っていいよ。
コロボックル夫
本当ですか! ありがとうございます!!

レンタサイクルのお店で自転車を借りようとしていたので、これは嬉しい! 利尻山荘 花りしりさん、ありがとうございます

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

こちらの自転車をお借りして、利尻島のサイクリングロードへ

10:30 姫沼展望台

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

まずは地図の右側にある姫沼へ向かいます

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

姫沼までは一般道を走ります。天気は曇りでしたが、サイクリングにはちょうど良い気候でした

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

姫沼へ向かう途中にある姫沼展望台。鴛泊湾とペシ岬が見えるビューポイントですが、ここに来るまでに勾配14%という自転車で登るにはキツイ坂があり景色を楽しむ余裕もなく...。天気が良いとペシ岬の後ろに礼文島が見えます。

11:00 姫沼到着

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

姫沼の入り口に到着。
ここから少し歩いたところにある「想い出橋」を渡ると姫沼が姿を現します。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

晴れた日なら姫沼の湖面に利尻富士が映り人気の観光スポットです。この日は曇りであいにく利尻富士も見えなかったのですがバスで来ている観光客が結構いました。自転車で来ているのはわたしたちくらいでしたが
姫沼の周りには木でできた散策路があり、自然を楽しむことができます。

11:30 湾内大橋を通って沓形方面へ

 

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

姫沼の途中にある急勾配の坂に疲れましたが、まだまだ利尻島サイクリングは序盤!!
姫沼からサイクリングロードに入り、湾内大橋を通過します。この湾内大橋がある地点は高い位置にあり、道の両側は木が生い茂る山なので秘境感があります。
写真は湾内大橋から見下ろした鴛泊湾とペシ岬で、この景色は自転車でここまで来なければ見ることができない特別なものです

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

しばらく自転車を走らせると草原の風景に。
利尻富士を横に草原の中にあるサイクリングロードをひたすら走るんですが、姫沼のあたりに比べると道も平坦でとっても気持ち良い!

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

所々に花が咲いていて思わず自転車を止めてしまうこともしばしば

13:30 沓形岬に到着! 大漁亭でウニ丼のお昼ご飯

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

利尻島の景色を楽しみながらひたすら自転車走らせ、サイクリングロードの終着地沓形岬に到着

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

お昼ご飯は「大漁亭」さんでいただくことにしました。明治創業のお店で、旅館か料亭の様な個室が多い建物の造り。

じゃん!! ウニ丼。
ウニの鮮度が抜群で美味しい デザートがメロンというのも嬉しいですね。

14:40 沓形を散策して鴛泊港方面に戻る

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

沓形港は2つある利尻島の港の一つで、フェリーターミナルや売店がある穏やかな町でした。ぐるっと沓形の町を散策してから鴛泊港の方面へ戻ります。復路はサイクリングロードではなく一般道を走ることに

15:45 利尻島限定の「ミルピス」を飲む

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

利尻島旅行の準備をしている時に、利尻島でしか飲むことができない「ミルピス」という乳酸飲料があると知り絶対行かなければと思っていたスポットがこちら。
沓形から出発してほどなく「ミルピス」の赤いノボリを発見 ノボリには「自家製」とあります。

そして「ミルピス」と書かれた青いシャッターがある...個人宅か事業所の様にも見える建物が...。ちょっと中に入って良いものか夫と躊躇し、恐る恐る近づいてみることに。
近くに行くと「ミルピス」と書かれたお店の入り口があり、入ってみるとおばあちゃんが丁寧に迎えてくれました。ほっ。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

こちらが利尻島に来るまでに想いを馳せていた「ミルピス」!!
味は思っていたよりもすっきりさっぱりして、サラサラっと飲み干してしまいました。ちょっとサイクリングの疲れが出てきましたが、ミルピスでさっぱりリフレッシュ さー、どんどん行きましょー

16:00 ウミネコの群生地とポンモシリ島

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

ミルピスのお店を出てすぐ現れたのが沢山のウミネコ! とてつもない数で、それも何故ここに集まっているのか...。自転車を止めてしばらく見入ってしまいました。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

そしてしばらく海沿いを走って

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

ポンシモリ島が見えてきました。
北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

ポンシモリ島はウミネコのコロニーがある無人島です。

17:30 ペシ岬

 

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

ポンシモリ島からまた自転車で走り、ペシ岬まで来ました

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

 

横から眺めるとこんな形をしているペシ岬。利尻島の島民の方に「ペシ岬は登った方が良いよ!」と教えてもらいやってきました。この変わった形の岬を登ります。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

が!! 結構急な上り坂でした。頑張って登ります。
ペシ岬展望台からは鴛泊港から利尻山、鴛泊の街並みまでぐるりと見渡せます。とっても良い眺めです。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

鴛泊港が小さく見えますね。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

正面の鴛泊灯台の向こうには鴛泊港に来るフェリーが

18:30 夕陽ヶ丘展望台

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

サイクリングロードを少し戻って、夫が行きたいと言う夕陽ヶ丘展望台へ。
正面の山に階段があるのがわかりますか? 近づくとよーく判りますが、結構容赦ない段数がある階段です。疲れた体から最後の力を振り絞って登ります...。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

展望台から夕日が沈んでゆくのを見守ります。
利尻島を改めてぼーっと見渡すと、東京や札幌とはかけ離れた、離島独特の静かな雰囲気を強く感じます。満員電車も人混みもこの利尻島には無縁なんだなぁと思うと、普段自分が仕方ないと思っていることや都会の固定観念の様なものから解放された気持ちになります。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

夕日が沈んだのを見届けて宿の利尻山荘 花りしりへ戻ります。今日は一日盛りだくさんだったなぁ!

19:20 夕食

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

2日も相変わらず豪勢な夕食 本当に利尻山荘 花りしりさんに宿泊して正解だと思った。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

利尻山荘 花りしりに2泊すると2日目はウニイクラ丼がいただけます!

20:30 利尻富士温泉の帰りに見た、プラネタリウムの様な星空

営業時間の終了までギリギリでしたが、利尻富士温泉に歩いて行くことに
露天風呂もある充実した温泉で大満足。

そして、感動したのが帰り道の夜空
こぼれる様な星空とは正にこの事かというほど、プラネタリウムの様に沢山の星が見えました! 利尻島にキャンプで訪れて星空を楽しむのもいいなぁ。

夫と、こんな綺麗な夜空は初めて見たねっと話しながら利尻山荘 花りしりに戻り、サイクリングの疲れもありすぐに就寝。利尻島を満喫した一日でした

 

 

 

スポンサーリンク

 - 観る