都会のコロボックル

北海道の食べ物や郷土料理を中心に旅行や地元ネタなどいろいろ

【利尻島旅行】3日目:レンタカーで島を一周!アザラシとウニと階段100段

      2017/10/17

2泊3日の利尻島旅行も最終日!
最終日はフェリーの時間までレンタカーを借りて利尻島を一周しました

スポンサーリンク

8:00 花りしりをチェックアウト

相変わらず充実の朝食をいただき、身支度を整えて2泊お世話になった利尻山荘 花りしりをチェックアウト。チェックアウトの時に大きな利尻昆布(本当に、大きい 笑)をプレゼントしていただき嬉しい気持ちに。

宿は綺麗だし、

宿の方は親切だし、

ウニや魚介が盛りだくさんの料理はめっちゃ美味しかったし、

利尻富士温泉やコンビニも徒歩圏内だし...

と、宿泊して大正解な宿でした

利尻島で美味しいウニが食べたければ利尻山荘 花りしり! 良い利尻旅行になること間違いなしです!

8:30 レンタカーを借りる

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

利尻山荘 花りしりさんに鴛泊港まで車で送迎していただき、レンタカーを借りるためにレンタカー屋さんへ。レンタカーを借りて、早速利尻島一周へ出発 利尻島を時計回りに一周します。

9:20 姫沼

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

まずは昨日も訪れた姫沼を見に行きました。空も晴れていて利尻山がしっかりと見えます。綺麗な形をした山だなぁと改めて思いました。

9:40 野塚展望台

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

続いて姫沼から近い野塚展望台。
ここにはラナルド・マクドナルドの石碑があります。ラナルド・マクドナルドは日本初のアメリカ人英語教師で、捕鯨船から利尻島に上陸し、長崎に護送された後は日本人に英語を教えました。ラナルド・マクドナルドが英語を教えた人たちがペリー来航時の通訳として重要な役割を果たすなど、日本の歴史に大きく関わった人が利尻島に縁があったなんて

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

野塚展望台から見る利尻山も立派です。ラナルド・マクドナルドも上陸した時、この利尻山を見て何を思ったのでしょうか。

10:45 仙法志御崎公園のアザラシ

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

野塚展望台から途中寄り道をしたりして、利尻島の南端にある仙法志御崎公園へやってきました

コロボックル
ここが公園??

と思ってしまいました。あたりはゴツゴツした岩場で、とりあえず海の方へ近づいていくとコンクリートか岩で囲われた四角いプールがある。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

えっ、アザラシ!!

アザラシです。とっても気持ちよさそうにプールの中をのびのびと泳いでいました。可愛い〜

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

かーわいい〜

12:00 山道をずーっと車で登り、見返台園地へ

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

海岸沿いを車で走り続け、利尻島の東側、沓形に到着
沓形は昨日のサイクリングで色々と見て回ったので、沓形から少し内陸(山側)に入ったところにある見返台園地に行きました

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

沓形の街並みを一望できる見返台展望台があり、ここからの眺望はまた格別です。

しかしですね、駐車場からこの見返台園地展望台まで100段の階段があります

所詮100段と思うかもしれませんが、前日一日中自転車で走って筋肉痛の身にはしんどい...。昨日の夕日ヶ丘展望台といい、利尻島にある展望台はどうしてガッツリした階段があるんでしょうね。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

文句を言いながら階段を登りましたが、見返台展望台からこの景色を目の当たりにすると「登って良かった!」と思ってしまいます。単純。

この見返台展望台は利尻山の五合目で、沓形の街が小さく見えます。海もあんなに遠くに!

13:00 北海島まつりと、うに椀

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

鴛泊港でレンタカーを返却し、最後に利尻の街を見ようと思い利尻富士町の市街地へ足を運ぶと人が集まっている様子。道も一部歩行者天国になっているし、何かあるのかなと思い進むと「北海島まつり」の文字が!
北海島まつりは利尻富士町の一大イベントで、ウニ丼や魚介類などが破格で提供されるそう。

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

ちょうどお昼ご飯のタイミングだったのでラッキー
まずは焼きウニを夫と半分こ。美味しい〜

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

さらに進むと「うに椀」の看板が
シャッターにも受付の机にもめっちゃ「うに椀」って貼っています。利尻島に来てから毎日どれだけウニを食べるのって感じですが、食べますよ。食べるに決まっているじゃないですか!

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

(渡し箸が行儀悪い...。)

「うに椀」という名前の通り小ぶりのウニ丼ですが、これ、500円なんです! 破格!!
味は当然、極上です このうに椀はこの北海島まつりの名物なのだそう。食べることができてラッキーでした

14:00頃 フェリーに乗って稚内港へ

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

鴛泊港に戻り、ついに2泊3日滞在した利尻島ともお別れです。
帰りの船はボレアース宗谷というこれまた大きなフェリー

北海道旅行利尻島うにウニ利尻昆布

船に乗って稚内港へ。利尻島から遠ざかるにつれて利尻島が小さくなっていきます。

美味しいウニを食べて、沢山の絶景を目にして、アザラシに会って贅沢な利尻島旅行だったなぁ 利尻島までの道のりは時間もかかり大変ですが、それでも行く価値のある素晴らしい離島でした。

利尻島の売店で売っていた「宝うに」というウニの缶詰。
値段は高かったけれど、味が濃くて利尻島で食べたウニの味を思い出すほど美味しかった

スポンサーリンク

 - 観る