都会のコロボックル

北海道の食べ物や郷土料理を中心に旅行や地元ネタなどいろいろ

【天売・焼尻旅行③】天売島編:ウニ漁師さんの優しさに心洗われた朝

      2017/10/17

【天売・焼尻旅行①】羽幌フェリーターミナル編:まずは札幌から羽幌町へ
【天売・焼尻旅行②】焼尻島編:高級サフォーク プレ・サレ焼尻の故郷を訪ねて
に続いていよいよ最終回の天売島編。いきます

スポンサーリンク

10:05 天売島に到着!

9:40に焼尻島から高速船「さんふらわぁ2」に乗って天売島に向かいます

天売島と焼尻島は近いので、30分もかからずにあっという間に到着!

天売焼尻

天売島でもオロロン鳥が迎えてくれますペンギンではありません。
船から降りてから、天売島の周りを一周する観光船があるとのことで乗船することに

天売焼尻

南の海とはまた違った濃い海の青色!

teuri29

焼尻島とは違って天売島は断崖絶壁のところが多かったです。なので、やっぱり観光船で海から見ることができて良かったなと思いました

teuri30

断崖絶壁が続きますが、どれも個性的な地形で見ていて飽きない...。

teuri7

見応えたっぷりの観光船を降りて再びフェリーターミナルへ。
旅行の計画時は天売島でも自転車に乗って島を一周するつもりでしたが、前日に焼尻島を自転車で一周しその疲労がかなり残っていたことと、焼尻島よりも天売島の方が広いという事実に心が折れてしまい...。

天売焼尻

じゃーん!!
原付バイクを借りることにしました

天売焼尻

ははは、前日に焼尻島でせっせと自転車を漕いでいたので、笑ってしまうほど速い!

12:30 炭火海鮮番屋で昼食

天売焼尻

天売港から出発して島を時計回りに進むと「炭火海鮮番屋」というお店があったので昼食をいただくことにしました。

天売焼尻

ウニ丼は当然いただくとして、炭火でホタテや貝など色々焼いて食べました。美味しかったです

14:00 ウトウの繁殖地 赤岩灯台へ

天売焼尻

あっという間に天売港の反対にある海鳥の繁殖地に到着
天売島のシンボル赤岩という大きな垂直岩があるところです。ここでは海鳥観察のための展望台があり、これがとても眺めが良いんです

 

天売焼尻

でもちょっと海が近くて怖いかも...。

天売焼尻

わたしが観光した時は繁殖期ではなかったのですが、海鳥ウトウの巣穴はしっかりありました。天売島は世界最大規模のウトウの繁殖地で、5〜7月には海鳥たちの子育てを観察することができるそうです。

天売焼尻

更に先に進むと海鳥観察舎がありました。設置されているのは50倍の望遠鏡で繁殖期にはウミウの子育てを観察することができます。

天売焼尻

この周辺は千鳥ヶ裏園地というところで遠くには焼尻島が見えます。

天売焼尻

これまたすごい地形。こうしてみると焼尻島とはまた違う島の地形だなと感じます。天売島は焼尻島に比べると起伏があるのでやっぱり自転車ではなく原付バイクにしておいて本当に良かった...!!

天売焼尻

天売島の反対側は民家も少なく、道も舗装されていないところもちらほら。

天売焼尻

17:00 民宿栄丸さんに到着

原付バイクだとあっという間に島を周ることができました
ということで今夜お世話になる民宿栄丸さんへ。

天売焼尻

漁師さんが営む民宿なのでご飯が絶品!海鮮バーベキューでたくさん食べました

天売焼尻

宿の方もとーっても親切で、料理も贅沢すぎるほど美味しかったのでまた宿泊したいです。

一日天売島を満喫して今日はおしまい!おやすみなさーい。

翌日 9:30 意外にも熱中したパークゴルフ

天売焼尻

美味しい朝ごはんを食べて、民宿栄丸さんをチェックアウト。
民宿栄丸さんから天売港に行く途中に「羽幌パークゴルフ場」というのがありまして。昨日通り過ぎた時にちょっと気になっていたので...パークゴルフやりました!!
ちょっとだけのつもりが熱中してしまい、しばらくパークゴルフをして過ごしました。

天売焼尻

パークゴルフを切り上げて天売港へ向かいます。

10:15 ウニ漁師さんからのプレゼント

teuri7

坂を下って天売島フェリーターミナルに到着。

そこで!とっても嬉しいことがありました

天売港に着くとウニ漁から港に戻ってきた漁師さんがいらっしゃって、ウニの選別をしていました。
わたしたちは漁師さん方からは離れたところで天売港周辺を散策していたのです。
そんな中、漁師さんのうちの一人がわたしたちに声をかけてくださり、なんと!...なんと!!獲れたてのウニを食べさせてくれたんです

天売焼尻

もう嬉しさとびっくりな気持ちでいっぱいで...。

天売焼尻

獲れたてのウニを食べるという経験をさせていただいたこと、本当に感謝感謝です!
北海道ではウニはいろんなところで獲れるしそれぞれ美味しいんだけれど、やっぱり天売・焼尻のウニは格別な味でした

13:20 フェリーで天売島から羽幌港へ

天売焼尻

観音崎らいなさんが迎えに来てくれました。
こちらの高速船「さんらいなぁ2」に乗り天売島を出発します。2泊3日の旅行だったけれど、焼尻島も天売島も見どころと美味しいものがいっぱいだったなぁ

天売焼尻

...お??

【天売・焼尻旅行①】羽幌フェリーターミナル編:まずは札幌から羽幌町へ
【天売・焼尻旅行②】焼尻島編:高級サフォーク プレ・サレ焼尻の故郷を訪ねて



スポンサーリンク

 - 観る